ブラックでも融資は借りれるか?

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ブラックでも融資は可能?

ブラックリストに載ってしまうと、融資の審査が通らない――このように言われているのを聞いたことがある人も多いでしょう。ところが実際には、ブラックリストというものはないそうです。その代わりに、キャッシングやローンを利用すると、信用情報機関に名前は住所等の個人情報が登録されます。そして、返済が難しくなって何度も延滞したり、最終的に自己破産をしたりすると、その旨が信用情報に記録されてしまいます。こういったマイナスの事故情報は、融資を申し込まれた業者がチェックすることができますので、結果的に、ブラックリストに載ったようなものかもしれませんね。
それでは、こうした事故情報が登録されてしまうと、融資を受けることは無理なのでしょうか。一般的には、自己破産などの債務整理を行った人は、審査を通ることはありません。延滞の方は業者にもよりますが、回数や期間が悪質でなければ、審査の甘い業者なら融資してくれる可能性はあります。
それでは、こうした事故情報はいつまで記録が残るのでしょうか。延滞や任意整理についての記録は、完済後、最長5年間は残るといわれています。自己破産や個人民事再生はもっと長く、5年以上10年までは記録が残っている可能性が高いです。
信用情報に事故情報が載っていると、キャッシングだけでなく、ショッピングローンを利用したり、クレジットカードを新しく作ることも難しくなります。もし、自分の信用情報がどうなっているか気になる人は、確認してみてはいかがでしょうか。
信用情報機関は本人からの問い合わせに応じて、情報を開示しています。手続きには窓口まで行くか、郵送やインターネットでの取り寄せもできます。免許証など身分証明書が必要なので、詳しくは各信用情報機関に確認するといいでしょう。